TRIUMPH トライアンフ With our clients & Employees

現場から、経営を前進させる、人事ソリューションを。 Performance Improvement

TOPニュース一覧2018.09.19 9月19日(水) 第7回 HRチャレンジ大賞授与式に代表・樋口が出席致しました

NEWS

9月19日(水) 第7回 HRチャレンジ大賞授与式に代表・樋口が出席致しました

HRチャレンジ大賞 奨励賞

採用コンサルティング事業を展開する株式会社トライアンフ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:樋口弘和、以下トライアンフ)の採用配置システム「TRAI」が、第7回日本HRチャレンジ大賞(後援:厚生労働省、東洋経済新報社、ビジネスパブリッシング、HR総研)にて「奨励賞」を受賞し、2018年9月19日(水)に執り行われた授与式に出席致しました。

 

■HRチャレンジ大賞とは

“人材領域の果敢なチャレンジが日本社会を元気にする”をキャッチフレーズに、人材領域で優れた新しい取り組みを積極的に行っている企業を表彰するものです。経営層や人事部門等が人材領域で積極的にチャレンジする企業を表彰することで、日本社会の活性化促進を目的としています。
2012年にスタートし、今回で早くも7回目。昨年から後援に厚生労働省が加わりました。自社の社員に向けた取り組みを対象とした人事部門、顧客企業に向けて提供するサービスを対象とした人材サービス部門の2つから構成されています。

 

▼第7回日本HRチャレンジ大賞 詳細はこちら▼
https://www.hrpro.co.jp/challenge.php

 

■採用配置システム「TRAI」

トライアンフの新システム「TRAI」は、組織診断「CUBIC」が持つシュプランガーの性格類型論やマズローの欲求理論など複数の「心理学理論」データに、機械学習の領域である「ベイズ統計学」を組み込んだAI(機械学習)システムです。
毎年更新される社員の皆さんの「評価」「在籍状況」と社員の適性検査データをAI(機械学習)が解析し、「本当に採用すべき応募者」や「彼ら・彼女らと会わせるべき社員」を可視化します。
今回の大賞では、過去の採用・配置育成を未来とつなげ、データドリブンな採用配置活動を活性化させる優れた支援ツールである点が評価され、受賞に至りました。
 
 
 
▼採用配置システム「TRAI」詳細はこちら▼
http://tekiseicubic.com/about_trai/

 

▼組織診断「CUBIC」詳細はこちら▼
http://tekiseicubic.com/

 

▼プレスリリースはこちら▼
PDF

このページのトップへ

東京ワークライフバランス認定企業